北区王子神谷 ピリカ pirika のブログ

あんまりオシャレじゃない小さなサロンですが、志はでっかくありたい! そんなアラフォー美容師のブログです。 お暇なら見てね!!

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 美容室で「キレイになるため」のお勉強  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

パーマの仕組みパート2

前回から少し時間が開いちゃいましたが・・・



パーマの仕組みパート2です。




                     にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

                 にほんブログ村←読む前に押してネ!




前回の記事ではパーマ(ストレート)は髪の結合を1度切ってまたくっ付ける事を書きました。



今回はなんで切ってくっ付けると形がつくの?



というところを書いていこうと思います。



パーマで一番重要なのは「シスチン(S-S)結合」なんですがこの結合がどうにかなることで



洗っても形が崩れないセット=パーマがかかります。



イメージし易い様に図も入れていきます。



まずはパーマをかける前の状態はこんな感じです。↓



パーマ1



SとSがくっ付いている状態これが「シスチン(S-S)結合」です。



解りやすくするために色分けしてみました。



ワインディング(ロッドを巻いて)等で目的のカタチにします。↓



パーマ2


そうしたらここに1剤(還元剤)を塗布していきます。



1剤(還元剤)の作用で「シスチン(S-S)結合」が一度切れます。↓



パーマ3



今度は2剤(酸化剤)を塗布。



すると切れていた「シスチン(S-S)結合」がまたくっつきます。↓



パーマ4



又くっついたのですが何か違う事に気付いたでしょうか?



・・・・・・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



「アレっ。前とくっついてるパートナーが違う!」



そーなんです。一度切れた結合が又くっつく時にズレてくっつくんです。



パーマで形を固定させるという事はこの「シスチン(S-S)結合」のズラしをするって事なんです。



髪の中ではこんなことがおきていたんですね~!








北区、王子神谷、美容室 ピリカ pirika のホームページ

URL http://pirika-scissors.com/

東京都北区王子5丁目10-5朝日クレス・パリオ王子105号

Tel 03-3927-4472 






スポンサーサイト

Category: フレンチカットグラン  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

フレンチカットグランって?パート5

フレンチカットグランに関しての個人的見解



実際にフレンチカットグランをサロンでお客様に施術してきて思ったこと(個人の感想なので参考までに)



それは髪の量を減らす作業に関して



「フレンカットグラン以外でやりたくない」



これが一番思う事です。大げさではなくてホントにそう感じています。



CIMG0799.jpg

                         

CIMG0802.jpg




フレンチカットグランというモノを初めて知って講習会に参加する前までは



その売り文句に対しての第一印象は「うさんくせ~!ホントかよ。」



でしたから。(^_^;)



180度方向転換しちゃってます。



CIMG0863.jpg

                         


CIMG0873.jpg




梳きに関しては自分なりのこだわりと理論を持って試行錯誤を繰り返し、



いろんなハサミを試してきていたし、根元付近への毛量調整もかなり攻めてました。



自分の中ではかなり良いところまで来てるんじゃないかと思ってたんで



フレンチカットグランの講習会の案内パンフを見たときの印象はそんな感っだたんですね~。



なので初めはあまり講習に参加するつもりもなかったんですが、



元々の「新しもん好き」の性格と冷やかし半分で参加することに。



しかもたまたま僕の嫁がモデルをできることになったので以後の状況も観察できるじゃないか。



ということで、




「よ~し。フレンチカットグランなんぼのもんじゃい!」
 



と講習を受けに行きました。



そして実際に講習を受けたら・・・



「エッ!こんな事して大丈夫なの?」から



「アレ、これなかなか行けるんじゃない?」となり、



嫁の髪の仕上がり具合、効果、その後の経過を見てからは、



「これは結構いいんじゃないの。」に



そしてサロンワークで取り入れてやっていくうちに



「フレンカットグラン以外でやりたくない」



になっちゃいました。


CIMG0889.jpgCIMG0893.jpg



ビフォー、アフターの画像を見てもらえるとフレンチカットグランの効果はわかると思いますが、



スタイルの持ち(個人、長さによって変わりますすが大体2ヶ月~3ヶ月が目安です。)や



お手入れの時間短縮等お客様のメリットはもちろんですが、



美容師側にもメリットが沢山あるカット技法だと思います。





以上僕の個人的見解でした。(ご参考までに)





Category: フレンチカットグラン  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

フレンチカットグランって?パート4

フレンチカットグラン、実際どうやってカットしていくのか?



フレンカットグランの産みの親。



梅野先生の講習風景の動画です↓



SAKURA ビューティーTV



去年の講習の動画ですが僕もお手伝いをさせて頂いたのでチョロっと映ってたりします。



観てもらえると分ると思いますがかなり細かく髪を分けとってハサミを入れていきます。



幅約1センチ前後(髪質や毛量によって変えてます)で取っていくことで、



密度のムラを1回、1回確かめながら調整していきます。



なので通常のカットよりも時間が掛かってしまいます。



時間は掛かるのですが穴があいてしまったり梳きムラができたりはしなくなるので



根元から毛先まで美しいグラデーションで減って行くんですね。



(これだけ細かく普通の梳きバサミで入れてしまったら大変な事になっちゃいます。)



そして今までの常識では考えられない所からハサミを入れています。



この丁寧かつ大胆なカット工程がフレンチカットグランの大きなポイントの1つなんですね~。







Category: フレンチカットグラン  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

フレンチカットグランって?パート3

前回の記事でフレンカットグランは髪を根元から梳いて密度を調整する、



毛量矯正技術ですというところだったのですが。



今までのカットだとどうして髪の根元から梳けないの?



ということになるんですがいままでは髪の根元を梳くのはタブーになってる感じでした。



特に毛量が多くてクセのあるお客様の根元をすくなんて恐ろしくて・・・ヽ(;´Д`)ノ



フレンチカットグランにめぐり合う前は僕も



「そんなことしたら余計に髪が爆発して収集のつかないことになってしまいますから。」



とお断りしていました。



「梳かない」のではなくて「梳けない」だったんです。



では何故「梳けない」だったのか?



その答えはカンタンで、



根元の髪をノープロブレムで梳くことの出来るハサミが無かったからなんです。



根元の髪を問題なく梳くハサミは、今までのハサミをつくる技術では作れなかったのです。



そのために根元から梳くことはタブーとなってしまい、髪の途中から梳くのが当たり前になり、



いままで50年以上も続いているのです。



特に「頭頂部とハチまわりは根元から梳いてはいけない。」というタブーが伝承されて、



今ではそれが当たり前になっているのです。



では何故フレンチカットグランは根元から梳けるのか?




これも簡単なことで「根元の髪をノープロブレムで梳くことの出来る特殊なハサミ」



なければ作ってしまえ~ということ。



フレンチカットグランというのは新機能の「矯正シザー」を使った新理論のカット法で



今までの当たり前常識



打ち砕いたカット技術なんですね~。








Category: フレンチカットグラン  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

フレンチカットグランって?パート2

フレンチカットグランで解決!



あなたがカットに行くとき……



髪が伸びて


重くなった


見苦しくなった


思うようにスタイリング出来なくなった



時でしょうか?



もちろん髪の長さの調整はすると思いますがそれと同じ位重要なのが髪の量の調整。



これって結構重要で同じ長さでカットしても量の調整でまるで別物のスタイルになります。



今までの毛量調整カット法では髪を梳く時には中間から毛先にかけて梳いていたと思います。



なので髪の量の多い方で「軽くして下さい。」と頼むと、



髪の状態はこんな感じ↓

commentary04_05.jpg

密度がバラバラな状態で、さらに髪を途中から梳くので、根元そのままで毛先はペラペラ・スカスカに…。



まるでクラゲみたいじゃん!



って事になったりしませんでしたか?



そこで・・・・






フレンチカットグランで髪の密度を修正



することで髪の状態は↓

commentary04_10.jpg

根元から毛先まで自然で美しいグラデーションで密度が減っていきます。



フレンチカットグランは根元から髪を梳き、密度を修正し、カットに良い素材作りをする



毛量矯正技法なんです!



髪の密度を調整しているので、カットがとても長持ちし、ブローも簡単になります。



カットを顔のメイクにあてはめると、メイクをする前に化粧水や乳液で下地つくりをしますよね。



フレンチカットグランはそれと同じように、ヘアースタイルを作るための下地・素材作りなんですね~!




Category: フレンチカットグラン  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

フレンチカットグランって?

オープンして1年以上経って今更なんですが。



フレンチカットグランって何ぞや?



まだまだ世間には知名度が低い「フレンチカットグラン」ですのでここらで詳しく説明を。



フレンチカットグラン公式ホームページから引用しながらいきたいと思います。(ほぼ引用?)



まずは結果的にビフォー↓

フレ1(B)がアフター→フレ1(A)


になる感じです。



ちなみに上の施術例ですが長さは変えてません。



フレンチカットグランを入れただけです。



そしてフレンチカットグランの紹介です。



「世界初!髪の量感を表現するカット技術」



多くの人が持つ、「髪の毛量が多い」「硬い」「クセ毛」などの髪の悩みをパーマやトリートメントに頼らず、



カットだけで解決する世界初のカット技術です。



1995年に髪の「長さ」だけでなく、「厚みや幅」を考えた3次元カット法を理論化し、



世界三カ国で「ヘヤカット法」の特許を取得した理論に基づき構築されました。




・アメリカ 1995年6月8日特許取得


・フランス 2001年10月26日特許取得


・日本   2005年1月7日特許取得



フレンチカットグランのカット法で、それ以前のカットでバラバラになったお客様の髪の密度を



一定にすることで、手入れがしやすく、カットの持ちが良い、そしてサロンで創ったスタイルが



自宅で簡単に再現しやすい髪に整えます。




また、毛量を減らすことで髪の風通しを良くし、頭を蒸れにくくすると同時に



シャンプー・コンディショナーの使用量を減らし、ドライヤーの使用時間も短くすることができます。



また、フレンチカットグランでクセ毛を改善し、髪を無地のキャンパス状態に戻すことで



今までお客様が挑戦できなかった、希望のパーマやヘアスタイルもできるようになります。



公式ホームページからそのまま頂きました。



「縮毛矯正やパーマに効果あり!」



この技術は天然パーマの方の縮毛矯正にも効果があり、



カットだけでクセを和らげます。



パーマ自体もかかりやすく、もちがよくなるため、パーマがかかりにくい方にもおススメです。



「髪の量が多くてパーマはやめたほうが良いですよ」なんてい言われた事のある方や



「マメに縮毛矯正をしないとすぐ膨らむけどダメージも気になる」なんて方にオススメです。



「スタイリングやヘアアレンジが簡単に!」



髪の厚みが取れるので、巻髪も決まり長持ち。帽子をかぶっておしゃれができます。



帽子のかぶり跡も付きにくく、スタイリングをごまかすための帽子ではなく



スタイリングを活かすための帽子づかいになります。



室内に入っても躊躇せずに帽子を脱げます。



いくらブローしても、まとまりにくい人にもぴったりなカットです。



大きなカーラーを数個巻くだけで、軽やかスタイルに!



カチューシャを付けたり、シュシュでくくるだけでもおしゃれにイメージアップ!



マフラーやストールを付け・外しても、カール持ちも良く、、風になびいて軽やかです。



お手入れもカンタンで、ライフスタイルに合わせて自分で手入れがしやすく



おしゃれにしてしまうのがフレンチカットグランのチカラです。



ひとつにまとめても、半分くくりでも、左右どちらでも、どこでも、いつでも



TPOに合わせてどんなヘアスタイルも可能です。



アレンジ下手からアレンジ上手に。



とこんな感じで次回は実際にどんなふうにカットするのか紹介したいと思います。





04 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ピリカ1201

Author:ピリカ1201
北区王子神谷 ピリカ pirika のアラフォー美容師です。
独立間もないヒヨッコ経営者。
店は小さいが志はでっかくいきたい!!
ピリカHP↓
http://pirika-scissors.com/
ピリカ瓦版↓
http://kawaraban.pirika-scissors.com/

最新コメント
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。