北区王子神谷 ピリカ pirika のブログ

あんまりオシャレじゃない小さなサロンですが、志はでっかくありたい! そんなアラフォー美容師のブログです。 お暇なら見てね!!

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 美容室で「キレイになるため」のお勉強  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

パーマの仕組み1

パーマの仕組み編です。


なんとなく知ってるとパーマ後のケアー等に役立つのではと思います。


                     にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

                 にほんブログ村←読む前に押してネ!


まずは、毛髪の4つの結合を知っておく必要があります。


過去記事の「髪の毛」の化学その3でも書いてありますが。


① ペプチド結合

アミノ酸の基本的な結合。
過度のアルカリ剤、過酸化水素で加水分解されて切断。


② シスチン(S-S)結合

システィン2分子が結合したもの。
還元剤によって切断され、2剤の酸化剤で再結合してS-S結合に戻る。


③ イオン結合

-(マイナス)イオンと、+(プラス)イオンの結合。
髪の健康な状態は、pHが弱酸性(pH4.5~5.5)だとイオン結合がしっかり結合している状態(=等電帯)。
髪のpHがアルカリ性に傾くと、イオン結合が切断。


④水素結合

水に濡れると切断。ドライで再結合。


とあるのですがこの結合のウチの3つの結合を切ったりくっつけたりしてパーマ(ストレートパーマ)


をかけていくんです。


まずはパーマ剤の1液(剤)と言われる薬剤で結合を切ります(還元って言います)。


(パーマだったらロッドを巻いた後に付けるやつ、ストレートだったら初めにつけるやつです)


・水素結合  ←   薬剤の水分で切断

・イオン結合 ←   パーマ1液がアルカリ性なので髪のpHもアルカリ性に傾くことによって切断

・S-S結合 ←  1液に入ってる還元剤の還元作用で切断


そして切った結合を2液(剤)で又くっつける(酸化って言います)事で髪に形状を固定させます。


2剤の酸化剤で戻すのは、シスチン(S-S)結合だけで、


イオン結合はpHを等電帯(pH4.5~5.5)に戻すことで、


水素結合は髪を乾かすことで元に戻します。


ウェーブはこの3つの結合で作られているので、パーマ処理においては、


3つの結合をしっかりと戻すことが重要です。


これができていないと、タンパク質の軟化、間充物質の溶出によりウェーブの固定化ができず、


ウェーブがとれやすくなります。さらに、髪の強度低下、水分量低下にもつながります。



なんとなくイメージ出来たでしょうか?






北区、王子神谷、美容室 ピリカ pirika のホームページ

URL http://pirika-scissors.com/

東京都北区王子5丁目10-5朝日クレス・パリオ王子105号

Tel 03-3927-4472


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body
07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ピリカ1201

Author:ピリカ1201
北区王子神谷 ピリカ pirika のアラフォー美容師です。
独立間もないヒヨッコ経営者。
店は小さいが志はでっかくいきたい!!
ピリカHP↓
http://pirika-scissors.com/
ピリカ瓦版↓
http://kawaraban.pirika-scissors.com/

最新コメント
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。